クリスマス 一人
手に持っているカトリック典礼聖歌はただ持っているだけで、この曲は収録されていません。

クリスマス
クリスマス(英: Christmas)は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である[1][2](降誕を記念する日)[3]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9

もろびとこぞりて
主の再来により地上にもたらされる喜びと愛を歌っている。教派を問わず、キリスト教徒の間で広く歌われている。歌詞は聖書詩篇98編を元にワッツが、旧約聖書を新約聖書の教えに基づいて解釈し、むしろイエス・キリストの王としての再臨を待ち望む歌として作り、ヘンデルのオラトリオ『メサイア』の歌詞・And heaven and nature singが歌の中で繰り返されているが、5行目と6行目は讃美歌として変則的な曲であるアンテオケに載せて歌うために作られた繰り返しである。元来は繰り返しの無いコモンミーターの四行詞で、チューンネーム『ウインチェスターオールド』ではその形で歌われる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%82%8D%E3%81%B3%E3%81%A8%E3%81%93%E3%81%9E%E3%82%8A%E3%81%A6

待降節
アドベント (Advent) は、キリスト教西方教会において、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のことである。日本語では待降節(たいこうせつ)、降臨節(こうりんせつ)、または待誕節(たいたんせつ)という。教派によって名称が異なり、主にカトリックや福音主義教会(ルター派)では待降節、聖公会では降臨節と呼ぶ[1]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88